2017年3月18日

グリッサンドと電子ピアノ

ディズニーの曲は好きです。
曲に表情があって生きている感じがするので。


音を出せない夜中、久しぶりに電子ピアノでヘッドホンをつけて練習しました。
かれこれ、13年間使っている電子ピアノ。
全く壊れません。

最近は、パソコンと繋いで楽譜を作るだけに使っていましたが、ディズニーの曲をちょっと練習。

グリッサンド(指を滑らせて鍵盤上を流れるように音を上下する演奏法)がとてつもなく苦手なのですが、曲の冒頭からグリッサンド。
ここが弾けなければ、先へ進めません。

張り切ってグリッサンドの練習をしていたら、出来たのは水膨れ。

それでも曲の中に出てくるので、何とか頑張ろうと、再びグリッサンドの練習をしていたら、今度は皮が…
痛い、痛い。
一体どうすれば良いのでしょう。
私のピアノの先生は血が出るまで練習っておっしゃっていましたが、本当にみんながそんな練習をしていたら、世の中のピアノの鍵盤の側面は血だらけのはず。
何故みんな、あんなに軽々とやれるのでしょう。
軽い鍵盤の電子ピアノでこうなんだから、アコースティックピアノではもっと出来ません。
バンドエイドを何重にも巻いて指を補強して、本番のグリッサンドを乗り越えたこともあります。
グリッサンドがあるせいで、ステージで弾くのを諦めた曲もあります。


私が20年以上グリッサンドの練習を避けてきたからなのですが…
ぼちぼち、鍛えていくしかないのでしょうか。
子どもの頃から練習していれば、今頃はカッコ良くグリッサンドが出来ているのかもしれないと思うと長年サボってきたことを悔やみます。

それから、電子ピアノで長時間練習をすると、指先が痛くなるのです。
プラスチックの鍵盤だからでしょうか。
もし、これがピアノの木製の鍵盤でなくて、音が出るプラスチックのスイッチを1時間ずっと指先で叩いていたのだと思うと、そりゃ痛いわー!ってなりますよね…

グランドピアノを何時間弾いても、指先が痛くなったことはありません。
もしかして、電子ピアノ(電子音)だという先入観からくる痛みでしょうか。

ピアノの練習は電子ピアノでは出来ません、と言いたいところですが、夜中まで練習した、この安心感。
無いよりはマシ。
ありがたい存在なのです。

ちなみに、アコースティックピアノと電子ピアノの奏法は全然違うものだ(ピアノの音色であっても)と、私は思っています…

0 件のコメント:

コメントを投稿

夏のおためしレッスン受付中!大人の方も受講okです。9月末まで。