2017年10月3日

五線は畑の畝

日曜日、梅田へ行ったので、百貨店の催事で面白いものはないかなーと探してみると、大丸梅田店で『MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界』という美術展が開催中でした。



ミュージアム前はすごい人だかり。
整理券を配布されていて、すぐには入れません。
何故そんなに人気なの?と思ったら、田中達也さんは、朝ドラ「ひよっこ」のオープニングを手がけていた方だそうです。
私は「ひよっこ」一度も見ていないので、存じませんでした…
ただ、展示内容が面白そうだなーと思って立ち寄ったのです。


日用品や食材とミニチュア人形で作品が出来ていて、洒落の効いた面白い世界が広がっていました。
なんと、写真撮影OK!




作品の中には、音楽を題材にした物もありました。

「隠れた名曲を掘り起こす」
楽譜から八分音符を引っこ抜いて収穫中。



「ナットくのドラムプレイ」
ナットがドラムに。


「私ひとりでは何もできない」
ト音記号がチェロのようで、ヘ音記号はハープのよう。


入ってすぐのメッセージでハッとさせられました。


子どもの頃のごっこ遊びでは、いろんな物を見立てて遊んでいましたよね…
小学校の工作の時間なんかも、ストローや爪楊枝や箱を使って、想う世界を作っていたり。
大人になると、ストローは飲み物を吸うために使う物、ナットは締める物、そうとしか見えなくなっています。
毎日見る八分音符、引っこ抜かれたり飛び越えられたり…


いつまでも柔軟な発想で、ユーモラスに過ごしたいなーと実感した展覧会でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

夏のおためしレッスン受付中!大人の方も受講okです。9月末まで。