2019年5月15日

≪まごいちピアノ日記 mini No.007≫ Bösendorfer (グスタフ・クリムト アーティストシリーズ)

国立新美術館のロビー。


クリムトの「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」が描かれたベーゼンドルファーのグランドピアノ。



『ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道』の展覧会に合わせて、2019年4月24日〜5月6日まで展示されていました。


展覧会に合わせていくつかコンサートも行われていましたが、予定が合わず…
結局、見て写真を撮るだけでした。


25台限定、受注生産。
ピアノ自体は、ベーゼンドルファーの現行品のようです。



譜面板にも金箔を使ったデザインがされていて、美しいピアノでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

夏のおためしレッスン受付中!大人の方も受講okです。9月末まで。