2020年3月7日

≪今週のレッスン Vol.119 3/7≫ 発表会の曲はどうする?

発表会の延期を決定してから迎えたレッスン。
保護者の方にメールでお伝えしていたので、延期になったことはみんな知っていますが、私からもお伝えしました。
学校が休校になったこともあり、コロナウイルスの影響はいろいろと感じているようで、どの生徒さんもすんなりと理解してくれているようでした。

さて、発表会で弾く予定だった曲はどうする?

3月末の本番に合わせて仕上がるようにレッスンしてきましたので、仕上がりが見えている生徒さんがたくさんいます。
中には、延期になったことで練習期間が増え、もっと上達しそうな生徒さんもいますが…

小さな生徒さんは、比較的短時間で仕上がりますので、発表会の曲は合格にして、また新しい曲を始めます。
大きな生徒さんでも、新しい曲を始めても仕上がりそうな場合や、弾き頃を終えてしまいそうな場合は、曲を変更することにしました。
1曲が短い生徒さんは、曲を追加するのも有りです。
曲を変更しない生徒さんは、忘れない程度に持っておきつつ、とりあえず当分の間は通常のレッスンに戻して、また本番前に発表会の曲のレッスンをします。

発表会の曲は、レパートリーとしては良いのですが、そればかり練習していると基礎力が上がりません。
私としては、3月末に発表会で素敵な演奏を聞かせてもらって、また4月から通常のレッスンに戻れるのを待っていたところなのです…


ある生徒さんに、曲を変える?と聞いてみると、「えー?せっかく弾けるようになったのに、勿体ないやん!」と。
いろいろと考えて取り組んでいてくれたんだな…と、申し訳ない気持ちに…

一人は、新しい曲にチャレンジすることが決まりました。
元々、他の生徒さんよりも早くに曲を決めて取り組んでいたこともあり、仕上がってしまって、ちょうど飽きてきた頃だったようです。
難しい曲ですが、前の曲よりは弾きごたえがあり、聞き映えもする曲です。
頑張って仕上げましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿

夏のおためしレッスン受付中!大人の方も受講okです。9月末まで。